2018年6月アーカイブ

初めてのギャンブル

 

安全性の低い海外でお金を盗まれる問題や、現地での会話の不安を考えれば、ネットカジノはどこにいくこともなく家でもくもくとできる、何にも引けをとらない信頼のおけるギャンブルだと断定できるのではないでしょうか!?知識として得たゲーム攻略法は利用していきましょう。怪しい会社の嘘八百な攻略法では意味がないですが、ベラジョンカジノでの勝率を上げるといった攻略法は実際にあります。当たり前ですがカジノゲームに関わる操作方法やゲームのルールの基本事項がわかっているのかで、本場でプレイに興ずる段になって天と地ほどの差がつきます。噂のベラジョンカジノは、認められているその他のギャンブルと比較しても意味ないほど、すばらしい還元率を誇っています。ですから、ぼろ儲けできる率が多いオンラインで遊べるギャンブルになります。今のところ日本では公営ギャンブルやスロット等でない場合、不法扱いになるので危険と思うでしょうが、ネットカジノについては、日本国以外にサーバーを置いているので、日本の全住民がカジノゲームをしても合法ですので、安心してください。昨今、話題のベラジョンカジノゲームは取り扱い高○○億円と言うほどの産業であって、日ごとに成長しています。人というのは本有的に安全ではないと気付いていても、カジノゲームの爽快さに凌駕されるものなのです。誰でも100%勝てるゲーム攻略方法はあり得ないと言うのが通常ですが、カジノの性格を充分に掴んで、その特殊性を活用した技法こそが一番有効な攻略法だと断定できるのではないでしょうか。マニアが好むものまで数に含めると、実践できるゲームは決して飽きないほどあると言われ、ネットカジノの注目度は、いまはもうラスベガスのような本場のカジノの上をいく存在であると発表しても構わないと断言できます。またまたカジノオープン化を進める動向が激しさを増しています。というのも国会で、維新の会がカジノ法案を渡しました。また、秋には超党派議連がカジノ合法化に向けた「カジノ区域整備推進法案」を提出すると聞いています。ここ数年を見るとベラジョンカジノのみを扱ったHPも急増し、ユーザー獲得合戦に勝利するために、色々なキャンペーンをご用意しています。ですので、ウェブサイトごとにキャンペーンなど余すことなく比較することにしました。国会においても長期に渡って実現されずにイライラさせられたカジノ法案(カジノの合法化)。苦労の末、脚光を浴びる状況になったと考えられます。話題のベラジョンカジノは、様々にあるギャンブル群と比較検討しても、実にバックの割合が高いという内容になっているということがカジノゲーム業界では普通にありうるのです。普通はありえませんが、投資回収の期待値が95~99%になっているものまであるのです。カジノで楽しく儲ける!といった攻略法は、現にあります。それ自体法に触れる行為ではなく、多くの攻略法は、統計を事細かに計算して負けを少なくするのです。今はもう結構な数のネットカジノのウェブサイトで日本語対応が完了しており、アシストサービスは充分と言えるレベルですし、日本人だけに絞った大満足のサービスも、続けて参加者を募っています。宣伝費が高い順にベラジョンカジノのサイトを勝手にランキングと称して比較するといった詐欺師みたいなことがしないで、自分がきちんと私のお金でゲームをしていますので実際の結果を把握いただけます。

初めてのギャンブル

 

私はよくベラジョンカジノで遊んでいます。このサイトはソフトのダウンロードをしなくてもブラウザ上で遊べるので便利です。またアカウント登録せずに無料ゲームで遊ぶこともできます。私は最初このサイトの無料ゲームでお金を賭けずに遊んでいたのですが、次第に有料ゲームでも遊ぶようになりました。このベラジョンカジノには自己規制システムがあるので、最初から一定額を指定しておけば、それ以上入金ができなくなります。ゲームに熱くなり大損する危険を回避できる仕組みです。私は入金限度額を200ドルに設定しています。さらに負け額の設定もできるので便利です。設定した負け額の制限に達すると、翌日までゲームができなくなるので頭を冷やすことができます。

ベラジョンカジノではクレジットカードやビットコインの他に決済サービスを利用して入金が可能です。出金は決済サービスを利用します。入出金のシステムを覚えるまで、少し時間がかかりました。ベラジョンカジノではクレジットカードで入金すると2.25%の手数料が必要です。決済サービスの場合には手数料が無料とされます。一方で出金時には手数料が必要です。決済サービスにはecoPayzとiWallet、VenusPointがあります。VenusPoint以外は出金するために入金履歴が必要になります。クレジットカードで入金した場合には、出金手数料が安いVenusPointが便利です。私は最初よく分からなかったので、とりあえずecoPayzを選びました。

ベラジョンカジノで出金にかかる時間は、わりと早い方だと思います。基本的に3時間ほどで出金が可能です。ただし一定の場合には出金できないこともあります。例えば登録した本名や住所が正確でない場合や、ボーナスを使用しても出金条件を満たしていない場合などです。またベラジョンカジノで出金するには入金額以上をプレイする必要があります。100ドル入金したら、その分を賭けないと出金できないと気づいたときは少し焦りました。

 

ベラジョンカジノについて

いずれ日本人経営のベラジョンカジノだけを取り扱うような法人が出現し、サッカーのスポンサー的役割をしたり、上場を果たすような会社に進展していくのもそう遠くない話なのかと想定しています。インターネットカジノをよく研究するとわかるのは、常駐スタッフを雇う費用や備品等の運営費が、うつわを構えているカジノを考えれば制限できますし、その上還元率をあげるというメリットとなり、稼ぎやすいギャンブルだと言っても過言ではありません。話題のネットカジノに関して、初回入金などという、沢山のボーナス設定があります。投入した額と同等の額はおろか、入金した額を超えるお金を特典として手にすることも適うのです。まず始めにゲームを行う際のことをお話しすると、カジノで用いるソフトを自分のパソコンに最初にDLしてから、ルールを100%認識して、慣れたら、有料アカウントを登録するというステップが賢明です。現在まで我が国にはカジノの建設はご法度ですが、最近では「カジノで増収!」とか「カジノ建設予定地」などのアナウンスなんかも頻繁に聞くので、ある程度は耳を傾けたことがあると考えられます。この頃カジノ法案成立を見越した記事やニュースを多く見出すようになったことは間違いないことですが、大阪市長も今年になって真剣に力強く歩を進めています。サイトの中にはプレイ画面が日本語に対応してないものの場合があるカジノも存在しているのです。日本国民の一人として、プレイしやすいネットカジノがたくさん増加していくのはラッキーなことです。ようやく浸透してきたネットカジノというものは、金銭を賭けて勝負することも、お金を投入することなく実施することも当然OKですし、頑張り次第で、大きな儲けを獲得できる確率が高くなるといえるわけです。想像以上の暮らしを手に入れましょう!どうしても賭博法だけでは何から何まで制するのは無理があるので、カジノ法案を進展させるのと同時に、今後の法律的な詳細作りとか既に使われている法律の精査などが今後議題にあがってくるものと思います。勿論のこと、ベラジョンカジノをするにあたっては、実際的なキャッシュを一瞬で得ることが可能になっているので、いずれの時間においても興奮するベット合戦が展開されています。しょっぱなから高等なゲーム攻略法や、英語版のベラジョンカジノサイトで遊んで儲けるのは簡単ではありません。最初はわかりやすい日本語のフリーベラジョンカジノからトライしてみるのが常套手段です。秀でたカジノの勝利法は、一夜の勝負に勝つというものでなく、数回の負けも考慮して収支では儲かっているという理念です。そして、実際に利潤を増やせた効率的な必勝法もあります。今度の臨時国会にも提出の可能性が高いと聞かされているカジノ法案はどう転ぶのでしょう?簡単に言えば、これが決まると、とうとう国内に本格的なカジノが現れます。このところ結構な数のネットカジノのHPで日本語が使えますし、利用者へのサポートは充実してきていますし、日本人に照準を合わせた魅力的なサービスも、続けざまに提案しているようです。本物のカジノ愛好者が特に高揚するカジノゲームだと自慢げに言うバカラは、やればやるほど、のめり込んでしまうワクワクするゲームと評価されています。

 

初めてのギャンブル

半年ほど前、興味本位でオンラインカジノに手を出してみました。少ない金額から遊べるとのことで挑戦には抵抗がなかったのですが、そこでぶつかったのがカジノへ入金をする方法です。

まず驚いたのが、日本円をそのまま使えないことでした。これはカジノのサーバーが、日本にはないからなのです。よく考えれば分かりそうなものなものの、私は素直に使えると思っていたので戸惑いました。

では銀行から送金すればと、そう感じる方もいるでしょう。しかしそうなるととてつもない手数料が必要で、それだけで3000円から5000円ほど掛かるわけです。とてもじゃないですが、手数料にそこまで支払う余裕はありませんでした。

 

そこで選択肢に挙がったのが、クレジットカード登録です。ところが私が遊ぼうとしていたカジノでは、私の所有するカードは対応しておらず、ここでもまた阻まれてしまいました。

これは後から知ったことですが、オンラインカジノ全体でクレジットカードの対応状況は悪いそうです。しかもセキュリティ面での不安やトラブルもちらほらと聞きましたので、カードを使えるカジノでも警戒はしておくべきでしょう。

 

そんな経緯もありもうカジノで遊ぶのは諦めかけていたのですが、最後の砦となったのがオンライン決済サービスです。最近では企業も個人も次々に導入していますが、私はこのときになり初めて詳しいシステムを勉強しました。

実はオンラインカジノは、クレジットカードに直接的には対応していないものの、決済サービス経由なら一気に入金や出金の幅が広がるのです。私もそれを利用したことでようやく、カジノへの入金が可能になりました。

 

利用したサービスは、ecoPayzというところです。これでエコペイズと読みます。私はこちらで新規アカウントを作成し、その後にクレジットカードの認証、本人確認の書類を提出して準備完了となりました。

カードで入金をすれば、手数料は掛かりますが即座に反映されます。それをカジノ側が引き出して、カジノで遊ぶためのコインを提供してくれるわけです。ecoPayzは対応しているカジノも多いので、本当におすすめします。

 

長かった、その一言しかありません。実は1週間ほど、私はこのカジノへの入金に四苦八苦していました。色々勉強にもなったので良かったですが、これから始めようとしている方がいれば是非参考にしてみてください。

出金の際にも、オンライン決済サービスを通じて日本円を得ることができました。一度カジノのアカウントと決済サービスのアカウントを紐付けできれば、ワンクリックでスムーズに行えたのは便利です。

 

もちろん出金をする場合はある程度カジノで勝っていることになりますが、トラブルですぐに換金できないこともあるそうです。そのため小まめに出金をした方が、賢いと思います。私も苦労して遊び始めたわけですし、節度を守って長く遊べるよう気を付けたいです。

ムダ毛の処理としてワックス脱毛をしている方が意外と多いものです。その中には、自分でワックスを作り脱毛する方もいるのだそうです。毛抜きを利用した脱毛よりは短い時間で脱毛が終わりますが、肌への刺激となってしまうことに大差はありません。埋もれ毛ができてしまう可能性があるので、極力避けるよう、心がけてください。無駄な毛がなくなるまで何度脱毛サロンに足を運ぶかは、人それぞれで違います。毛深さはそれぞれに違いがありますから、毛深い方はかなりの回数通うことになります。それとは逆に、ムダ毛が少ない人だと約6回の施術を施してもらえば、満足できる可能性があります。長期に渡る契約をしようとする時は、脱毛コース終了後の追加契約についても質問してみることが必要です。ファッションにも影響を与えるムダ毛の処理のためにエステや脱毛サロンに出向く場合しばらく間隔を空ける事が施術後には必要となります。施術のタイミングはムダ毛の発毛サイクルとリンクさせて行わなければ効果が出ないため2ヶ月くらいを間隔としてはあけます。脱毛完了までには少なくとも1、2年が掛かりますから、長期間にわたって通いやすいかどうかも考慮して脱毛サロンを選ぶことをオススメします。ムダ毛のないツルツルのお肌を目指すとき、自分で剃ったり抜いたりする人が沢山います。近頃は、自宅で手軽に使える家庭用の脱毛器も簡単に買えるため、エステや脱毛クリニックに通う必要がないと思ってしまうのも仕方がないです。お金がかからないのが自己処理の魅力ですが、自己処理では仕上がりが脱毛サロンでやるようには綺麗になりませんし、すぐに生えてくるので脱毛の頻度が多くなり、肌には負担が大きくなりますから注意をしなければいけません。ムダ毛を脱毛するときに増えているのが、お家で脱毛器を使用して脱毛する人です。脱毛サロンでするみたいにきれいにできる高性能の脱毛器があり、エステのような光脱毛もできます。とはいえ、ユーザーのニーズに応えるほど脱毛できるものは高価で肌に合わず、痛くなったりほとんど使わなくなる人も大勢います。ムダ毛を電動かみそりで処理するのは、お肌へのストレスが少なく、良い方法です。とはいえ、お肌の表層にある毛しかきれいにできないため、程なく伸びて来てしまい、頻繁に処分しなくてはならないでしょう。さらに、お肌にノーストレスというわけではないため、肌が弱めの人は異なるやり方で不要な毛に対処して下さい。脚のムダ毛を脱毛などをしてくれるサロンを訪れずに、一人であますところなく脱毛するのは大変なことです。脚はいたることろが曲線ですし、処理しづらい場所も少なからずありますから、自分で行う処理でムダ毛が一切ないツルツルの姿にするのは簡単にはできないものですね。脱毛サロンに行けば、剃り残した無駄毛がまばらに残ったままなんてことにもならないでしょうし、肌へのダメージも少なくなります。脱毛サロンでお肌をきれいにしてもらったすぐ後は、刺激から肌を守るように注意しましょう。脱毛後は、施術の値段、やり方などにかかわらずわずかな刺激に対してでも肌は過敏に反応してしまいます。直射日光が当たったり、湯船に浸かったり、体を揉む、叩くなどされると、思いもよらぬトラブルが肌に出てくる場合が多くなります。脱毛施術時に受けた指示に、きちんと沿うよう行動しましょう。いくつかのサロンで脱毛サービスを掛け持ちすることで、脱毛施術に捻出していた費用を少なくすることが出来るかもしれません。皆さんがご存知の脱毛サロンでは頻繁に期間限定のお手頃サービスを実施していますから、通い分ければ安く施術を受けられるでしょう。脱毛サロンそれぞれで施術の特徴が異なり、箇所によっては施術を行っていないこともあるので、特徴に応じて複数の脱毛サロンを利用した方がいいと思います。ムダ毛をカミソリで脱毛するのは取りやすい方法ですが、肌を傷めないように気を付けなければなりません。カミソリの刃は鋭いものを選び、ジェルとかシェービングフォームで、抵抗を少なくします。ムダ毛の伸びている方向に従って剃ることが要点の一つです。加えて、そうして脱毛した後にはアフターケアを忘れるような事があってはなりません。パールクチュール 口コミ

ただやみくもに運頼みでFX投資を行っても継続的に利益を上げるのは難しいので、やはりチャートの分析をするなどの努力が必要です。使いやすくて見やすいチャートソフト、また近頃ではチャートアプリもたくさんありますし、探して使ってみて、売り買いを行うチャンスを考えてみるのは賢い手です。それだけでなく、チャートの分析に関する有用なテクニックは数多くありますのでそれらも広く知っておくと必ず役に立ちます。多くの手法が存在するFX投資ですが有名な手法としてサヤ取りという方法があります。サヤ取りはというと、相関性のある二つの通貨を観察し、そのペアの値幅が開いた機会を伺って、それぞれを有利な条件で売買することで売り上げを出すというものです。サヤ取りを選ぶ方にはスワップ金利を使う人もいますが馴染むまではどちらの手法も儲けを出すのは難しいかもしれません。何はともあれ、仕組みとオーダーの方法をご理解願います。FX投資を始めようとする際に金額はどれ程用意したらいいかというと、口座を作る時か取引を始める時に最低証拠金が要ることになっていますので、どこのFX業者を利用したいかによって違う金額になります。最低保証金の具体的な例では100円という所や中には、5万円、10万円という所もあるのです。それから、取引の最小単位についても業者によって異なり、1000通貨のところもあれば大きな額の取引になる10000通貨単位のところもあるのですが、FX初心者でどうしようか迷ったら1000通貨のところを選ぶと大きな危険を冒さなくて済みそうです。数十社ほどもあるFX業者のその大方はFX取引を仮想体験できる無料のデモトレードシステムを設けてありますので、これは必ず使用してみることです。バーチャルトレードですからどう転んでもまったく損をするわけではないですし、その業者でFX取引に使用するツールそのものの扱い方を学べるのは大きいです。性急に手持ち金を注ぎ込んでFX投資を始めてしまうのは少々無鉄砲な行為ですので、取引のあらましを理解できるようになるまで少し手間をかけてデモトレードを繰り返しましょう。人気のFX投資ですが始めようとするならまず、利用したいFX業者をよく見極めて、自分の投資のやり方や投資額に合う会社をじっくり選びましょう。業者の選択は損益に大きく関わりますので、軽々しく決めないでおきましょう。FX業者は手数料が無料なのが普通になってきましたので、無料であることを確認しスプレッドが低く、少額投資が可能になる最低取引単位が小さい業者が使いやすいかもしれません。それから、ネット上で使う取引ツールについてもデモを使ってみたりしていろいろ試してみるのがいいようです。ところでFX取引で順調に利益をあげることができたとするともちろん利益分相応の税金がかけられるわけで、うっかり税金を払い忘れることのないよう気を付けるべきでしょう。多額の利益をFX投資で得ることができたのにそのことを申告しないでいたために、詳しく税務署に調査された挙句、追徴課税に応じなければならなくなった人もいるのが現状です。具体的には20万円より多い利益を出せることができた時には、確実に確定申告をしておく必要があります。あまたFX業者は営業してますから、口座開設をどの業者で行うのかを丁寧に吟味してください。口座開設を行うのはさほど手間のかかるものではありませんが、たくさんの口座を開くと維持する手間がかかります。いちから口座を設けるとキャッシュバックと謳うキャンペーンに惹かれないで、それぞれのスタイルに合ったFX業者を選び出しましょう。FX投資の人気の理由の一つに24時間取引可能な点が挙げられますが、24時間のうち特に相場がよく動く時間というのはあります。取引高世界一のロンドン市場と世界金融を牛耳るアメリカのニューヨーク市場が開いている時間で、日本の時間にすると21時頃から午前2時のあたりに為替相場が活発に動いており、取引がやりやすくなるようです。これとはまた別に相場が動く要因ですが、アメリカの雇用統計、各国GDP、政策金利など経済指標の発表の影響で為替相場が大きく変動することがあり、気を付けておかなければなりません。重要な経済指標の発表日は頭に入れておくと良いでしょう。さまざまな投資がありますが、そのひとつにFXがあり、FXで取引を行う上で強制ロスカットという必ず知っておかなければならないシステムがあります。たとえば、保有している決済前のポジションがどんどんマイナスになって含み損がふくらんでいき、前もって定められた水準を超えた場合、有無を言わさずに強制的に決済されてしまうというFX会社で取引をを行う上での重要なルールです。その強制ロスカットが行われる前にはマージンコールというものが発せられて教えてくれるので追加でFX口座に証拠金を入金することで不本意な強制ロスカットを回避することもできます。注意点としては、強制ロスカットの基準となる証拠金維持率というものは利用するFX会社によってそれぞれ異なるので忘れてはいけません。ところで、FX投資を行うことにより年間20万円を超える利益を出せた場合は、必ず確定申告をしておきましょう。確定申告にあたり、外国為替証拠金取引の際に、否応なしにかかることになる様々な費用は経費として利益となった分からマイナスしておくことができます。仮に、あまり利益を得ることができなかった時でも、とにかく確定申告はしておくことです。そうすると、出てしまった損失分を翌3年にわたり繰り越すことが可能となっているので、FXでこれから利益を上げていく心積もりでいるとしたら、やはり確定申告はしておくべきでしょう。モイストリフトプリュスセラム 口コミ

みなさん、こんにちは。

今回は私のギャンブル体験談について話していきたいと思います。

よろしくお願いいたします。

初めてのギャンブル

私は今までパチンコや競馬などのギャンブルはやったことはありませんが、宝くじというギャンブルをやっていました。

宝くじは、手軽に誰でも買うことができますが、ギャンブルの一種であると思います。

私は宝くじの中でも年末ジャンボ宝くじのように比較的多くの人が購入する宝くじと比べて比較的マイナーな、数字選択式宝くじを購入していました。

数字選択式宝くじでは最大で数億円が当たるロト6やロト7が有名ですが、私はそれらと比べると当選金額が少ないナンバーズ3やナンバーズ4を買っていました。

ナンバーズとは、3桁や4桁の数字を記入して、当選番号が全く同じ数字や、並び順は違うがそれぞれの数字が同じである場合(たとえば当選番号が1234で自分の買った数字が2314の場合)などに当選金額を得ることができるという宝くじです。

なぜかというと、ナンバーズ3やナンバー4は当選金額は少ないと言えども、当選確率が高いので、当選金額は高いが当選確率が非常に低いロト6やロト7よりもギャンブル性が低く効率的にお金を得ることができると考えたからです。

私は週に何回か駅の近くにある宝くじ売り場でナンバーズ3やナンバーズ4を1回につき1口や2口買っていました。

1回買うごとに200円や400円お金が無くなってしまいますが、それを補うために食料品など普段買うものを少し抑えていました。

ギャンブル依存症にはならないようにしようと思い、毎日買うことは避けました。

ナンバーズの当選発表はインターネットで見ることができ、見ていると当たるかもと思い非常にわくわくしますが、当選番号が分かる場面では外れていることを恐れて当選発表のページを閉じて、後でツイッターなどを検索して調べていました。

そのようにして何回か買っていましたが、一度も当たりませんでした。

そこで趣向を変えて、今度はQPで買ってみることにしました。

QPとは、クイックピックといい、自分で買う番号を決めるのではなく、機械に無作為に番号を選んでもらうという方法です。

自分で買っていると無意識に買う番号が偏ってしまう恐れがありますが、機械の場合はその心配はありません。

一度ナンバーズ4で1口QPで買ってみたところ外れてしまいましたが、一つ数字を変えれば当選番号と完全に一致するという、惜しいものでした。

仮に当たっていれば数十万円が手に入ったと考えると、悔しさが募ってきました。

今思うとギャンブルにはまっていたのかなと思います。

このころには5000円ほどナンバーズに費やしていたのですが、結局一度も当たりませんでした。

1000分の1という比較的高い確率なのにもかかわらず一向に当たらないことが分かったので、他の宝くじの場合はなおさら当たらないだろうなと思いました。

ギャンブルは気持ちを高めてくれるという点では良いですが、お金を無駄に使ってしまうという点では、無意味な行為だということを、宝くじというギャンブルをしばらくやってみて実感しました。

以上で私のギャンブル体験談を終わります。

ありがとうございました。

私は二十歳の頃に、初めてギャンブルというものを体験しました。とはいっても一般のパチスロですが(笑)。

オンラインカジノも始めてみたいです。

記事
初心者にもわかるオンラインカジノの始め方

周りでイケイケの知り合い等は既にギャンブルを日常的にやっている者もおり、たまに遊びに付き合ったり、ゲームセンターに設置してあるメダル式の遊技台で遊んでみることはあっても、意味もよく分からなければ、コインを投入してレバーを回しボタンを押してリールを止める、たったこれだけの何が面白いのかも分からず、本格的にやってみる、ということはありませんでした。

何故なら正直なところ、自分の道徳的にギャンブル業界といった類のものに良いイメージが無く、何となく悪い人達が集まるような場所、と感じていた部分が大半を占めており、尚且つギャンブルで生活できるのなら、世の中の一般的なサラリーマンのような、本来やりたくもない仕事(好きでその仕事に就いている人達を否定する気はありません)をする必要がなくなるじゃないか、と感じていた部分も大いにあるからです(笑)。

そんなに楽に遊んで稼げたら苦労しないよ、と冷静にアルバイトをしながら思っていた訳です(笑)。

 

ギャンブラー、という言葉の響き自体はクールだな、と感じてはいましたが(笑)。

 

そんな折、当時私の姉と付き合っていた40代前半の彼氏さんがギャンブル好きであり、姉の家に遊びに行った際に仲良くなり、パチスロについてレクチャーを受けたのがきっかけとなりました。

その男性は話も面白く、当時二十歳そこそこの私から見れば十分に大人であり、仕事の傍ら、趣味であるギャンブル(主に競馬とパチスロ)と、無論、自身の生活を崩すことなく上手に付き合っている方でした。

 

青二才の私には魅力的な大人の男性であり、ギャンブルに狂っている訳でもなく、何より姉と付き合っている、という安心感も手伝い、パチスロを始めてみたのです。

 

当時私が遊んだ機種はヤマサの「タイムクロスA」。

液晶式の予告画面が緊張感を掻き立てる、割と初心者向けでもある機種だと感じました。

 

まだパチスロの事をよく知らない自分でも、液晶にて役の告知があるため非常に分かりやすく、彼氏さんにも予告が出た場合の各リールの打ち方や打つ順番など、パチスロについての基本的な仕組みを丁寧に教えて貰えたのも、私が嵌っていったきっかけかも知れません。何も分からないのに、およそ一人で打つなんて、そんな真似は絶対に出来ませんでした(笑)。

 

更にこの台の場合、液晶での予告画面が可愛らしくもあり、知る人ぞ知る「タイムクロスA」のキャラクターの『winちゃん(笑)』が、BIGを引いた際の私の興奮を煽りました(笑)。

 

そうこうしているうちに、初体験時にはビギナーズラックも味方し、数千円の投資が数万円にもなって返ってきたのです!

 

ギャンブルなんて負けて当然、そんな遊び人のような夢の暮らしができるなんて甘い甘い、と斜に構えていた自分には、まさに目からウロコが落ちるような衝撃だったのを今でも覚えています。

 

単純な話、たった数時間、それも淡々と打っていた訳ではなく、初めてということもありましたが、毎回液晶に予告が出てくる度に一喜一憂し、その予告の信頼性が分かってくるほどに期待感に心をウキウキさせながら楽しんで、気付けば数千円が数万円に…。

 

はっきり言って、パチスロがこんなにも興奮するものだとは思いもよらなかったのです。

 

ゲーム性、演出を楽しみつつ、且つ、勝てれば更に面白く旨味も十分。

 

確かにギャンブルにリスクは付き物だけれど、こんなにもスリリングで魅力的なものだとは…。

 

こうして数日間、毎日のようにパチスロ店に出向き、この台での勝率は7~8割であった私はパチスロの虜になり、その後、更にギャンブルの世界へとのめり込んでいくのでした(笑)。

吃音者は“どもる事(言葉の乱れ)”に対して、ウイルス化したマインドフレームを持っています。

 

しかし、非吃音者は、“どもる事”に対するマインドフレームなど初めから持っていません。

もちろん、人によっては緊張のあまりどもってしまう場面もあると思います。

だけれども、せいぜい「あ、噛んでしまった」と、少し恥ずかしい思いをするだけで、それ以上でもそれ以下でもないのです。

 

吃音者は、常に、“どもる事”に対してのマインドフレームに苦しめられている状態なのです。

 

上記の図で説明すると、Aはよくも悪くもありません。

しかし、Bにウイルスが侵入しているため、Cの結果に苦しめられているのです。

 

 

ここで、M.R.M吃音どもり改善プログラム(中村しょう)

少し違う視点から吃音の真実をみてみましょう。

 

あなたは、一人でいるときの感覚と、誮か他に人がいる時の感覚では、明らかな違いがあるのがわかりますか?

 

普通は考えないことなのであまりピンとこないかもしれませんが、自分一人でいるときの空間と、

自分以外の誮かと一緒に居るときの空間とでは、明らかに身体に伝わる感覚が異なるのです。

 

それは、相手と対峙しているときに表れる感覚であり、この感覚を言葉で表現するのはとても難しいのですが、

なにかグッと押されるような、そんな感覚です。

目の前に大勢いれば、よりグッと押される感覚があります。

このアーカイブについて

このページには、2018年6月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年5月です。

次のアーカイブは2018年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30